HOME > 幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月1日より、幼児教育・保育の無償化が始まります。
3歳から5歳までの子供で、幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する子供たちだけでなく
幼稚園の預かり保育を利用する子供たちや認可外保育施設等を利用する子供たちも「保育の必要性の認定」対象となります。
一時預かりや保育サービスで、無償化の対象となることがありますのでお知らせいたします。

無償化の対象と上限額について

保育の必要性の認定を受けた場合*に、3歳児クラス(満3歳になったあとの最初の4月以降)から5歳児クラスまでは月額3.7万円まで、0歳児クラスから2歳児クラスまでの住民税課税世帯の子どもたちは月額4.2万円までの保育料が無償化の対象となります。無償化の対象は保育料のみです。通園送迎費や食材料費、行事費などはこれまでと同様に保護者負担となります。
月額上限の範囲内で、複数のサービスを併用することも可能です。

幼児教育の無償化の具体的なイメージ例です

3歳から5歳
保育の必要性の認定
理由に該当する子供
共働き家庭、シングルで働いている家庭 …など
利用 幼稚園、保育所、認定こども園、
障害児通園施設
無償
(幼稚園は月2.57万円まで)
利用 幼稚園の預かり保育 幼稚園保育料の無償化
(月2.57万円まで)に加え、
月1.13万円(月3.7万円との差額)まで無償
利用
(複数利用)
認可外保育施設、ベビーシッターなど
(一般的にいう認可外保育施設、自治体の認証保育施設など)
にこにこサポート
月3.7万円まで無償
複数利用
  • 幼稚園、保育所、
    認定こども園
  • 障害児通園施設
共に無償
(幼稚園は月2.57万円まで)
3歳から5歳
上記以外
専業主婦(夫)家庭 …など
利用 幼稚園、保育所、認定こども園、
障害児通園施設
無償
(幼稚園は月2.57万円まで)
複数利用
  • 幼稚園、保育所、
    認定こども園
  • 障害児通園施設
共に無償
(幼稚園は月2.57万円まで)

※住民税非課税世帯については、0歳〜2歳児についても上記と同様の考え方により無償化の対象となります。この場合、月4.2万円まで無償。

無償化の対象となるためには、居住する市町村から利用する前に保育の必要性の認定「子育てのための施設利用給付認定」の2号または3号認定を受ける必要性があります。申請は居住する市町村にお問い合わせください。

仙台市WEBサイト内関連ページ:http://www.city.sendai.jp/nintechosa/kurashi/kenkotofukushi/kosodate/hoikujo/annai/hoikushisetsu.html

 

サービス利用費の給付について

利用料金の給付は仙台市へ
利用料金の給付は仙台市へ

サービス利用料金のお支払いに関しましては、利用時に通常通りお支払いただきます。利用料金の領収書を発行いたしますので、それを仙台市が指定する期日まで申請書に領収書等の必要書類を添付して申請を行ってください。月額上限額の範囲で給付されます。
請求の時期や回数、手続きの詳細に関しては下記にお問い合わせください。

 

無償化関係専門のお問い合わせ・申請先

● 仙台市認定給付課(幼児教育無償化事務センター)
〒981-0011 仙台市青葉区上杉一丁目5-12 上杉分庁舎7階
電話番号:022-214-8978 ファックス:022-214-5024
月〜金曜日(祝日除く) 8:30〜17:15
仙台市WEBサイト内関連ページ:http://www.city.sendai.jp/soshikikanri/shise/gaiyo/soshiki/079/086.html

 

幼児教育・保育の無償化 特設ホームページはこちら